チームコンセプト

東芝FCイーグルスは株式会社東芝の公式サッカー部です。

仕事とサッカーを全力で挑戦し、高いレベルで両立することを掲げ、将来的にはアマチュア最高峰を目指しています。株式会社東芝が本社や事業所を構える川崎市を拠点に、地域に根ざした活動を推進していきます。サッカーを通して、従業員や地元市民を活性化させる存在になれるよう日々研鑽を積んでいます。今後も地域と共に成長していく東芝FCイーグルスをよろしくお願い致します。

2020シーズンのスローガンは「神奈川ヲ駆ケ上ガレ!」。直向きにサッカーと向き合う姿にご注目ください。

クラブ概要

正式名称株式会社東芝サッカー部イーグルス
略称東芝FCイーグルス(TOSHIBA Football Club Eagles)
本拠地神奈川県川崎市
練習場東芝総合グラウンド
(住所:〒230-0011 神奈川県横浜市鶴見区上末吉5-23-1)
発足1935年
クラブカラー東芝レッド
公式サイトwww.toshiba-football.com

クラブ理念

  • 『従業員の士気高揚』と『企業ブランド価値の向上』を掲げて活動を推進する
  • サッカーを通して、東芝グループ従業員の結束力と求心力を高め、世代を超えた一体感を醸成する
  • 地域に密着して活動を行い、従業員だけでなく地元市民にも希望を与えられるような存在を目指す

エンブレム

東芝の”T”とイーグルスの”E”が組み合わさり、鷲の翼を感じさせるデザインです。民族柄によって団結力を表現し、全体を斜傾させることで俊足感と力強さを表現しています。

Designed by 千頭龍馬(東芝デザインセンター)

グラウンド所在地

ヒストリー

1935年「東芝堀川町サッカー部」として川崎市に創部
1978年日本サッカーリーグ2部昇格
1980年「(株)東芝サッカー部」に改称
1989年日本サッカーリーグ1部昇格
1992年ジャパンフットボール(旧JFL)1部に参加
1996年主力メンバーが「コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)」に移籍

残留メンバーと本社海外関係チーム「東芝レッド・イーグルス」が合併し、
「東芝サッカー部イーグルス」となる
1997年「東芝サッカー部OB会」の創設
2020年1976年以来の神奈川県社会人サッカーリーグに再参入