野島淳 共同主将より新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
旧年中は弊クラブに多大なるご理解をいただき誠にありがとうございます。

目に見えないウイルスに振り回され続けた2021年。神奈川県リーグの中断があったり、活動拠点の東芝総合グラウンドを一度も利用できなかったりと厳しい状況が続きました。そんな中、我々がこうしてフットボールと向き合うことができたのは、医療従事者の方々やいつも応援してくださる方々の支えのおかげです。この場をお借りし改めて深く感謝申し上げます。
旧年中は様々な葛藤を抱え、”フットボールを続ける意味”をこれまで以上に自問自答したように思います。それでもその先に辞めるという選択をしてこなかったのは、フットボールを通して周りの方々を勇気づけらることができると信じているからに他なりません。2022年も、従業員や地元市民の方々、応援してくださる方々を活性化させられる存在になれることを目指して、直向きに活動していく所存です。

引き続きご理解ご声援賜れますと幸いです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

東芝サッカー部 共同主将 
野島淳